シロアリ、シロアリというけれど、シロアリについてちゃんと
知っているかな?ここではシロアリについてレクチャーしよう。

シロアリはアリじゃない?!

“シロアリ”ってシロ“アリ”と呼ばれているが、実はアリの仲間ではなくて、ゴキブリの仲間に近いんじゃ。英語では、シロアリはtermite(ターマイト)。蜜に群がるみんながアリって呼んでるアリはant(アント)。漢字では、シロアリは “白蟻”と書くんじゃが、英語ではwhite ant(ホワイトアント)なんて言わない。全然違う種類の昆虫なんじゃ!

日本にはいろいろな種類のシロアリがいます。



分布北限図

日本には、シロアリ科、ミゾガシラシロアリ科、オオシロアリ科、レイビシロアリ科の4科が生息している。この中で日本に広く分布し家屋に被害を及ぼす代表的なのは、下の2種類。見かけがよく似ているので区別しにくいが、イエシロアリの方がやや大型なんじゃ。

ヤマトシロアリとイエシロアリ

最近では、レイビシロアリ科のカンザイシロアリというのが報告されている。
アメリカカンザイシロアリ…最近日本に侵入、散発的に海沿いなどで報告がある。既存の方法では防除が難しい


行動パターンを知ろう

敵を知って己を守る。
シロアリの種類が分かったら、今度は行動パターンや好む環境を知ろう。

行動パターン

ヤマトシロアリ
活動範囲がせまい。狭い範囲に複数の巣が存在する場合がある。被害の進行は遅めじゃ。
ヤマトシロアリ
■イエシロアリ
ヤマトシロアリに比べて活動範囲が広く、そこには100万頭もの数がいる場合がある。被害の進行は早い。
イエシロアリ

1)絶え間ない餌場探し
シロアリはすでに豊富な餌場が確保されていても、絶えず新しい餌場を探し回る習性がある。
2)ランダムな餌場めぐり
働きアリは探した餌場をランダムに回って餌を集める。またフェロモンを出して他の仲間も誘導をするのじゃ。
3)エサを仲間同士リレーで分配(栄養を仲良く分配)
シロアリは大変“仲間想い”。エサは決して独り占めせず、仲間に自分が得たエサを色々な方法で分配する。だからエサを食いはぐれる仲間はいないのじゃな。

ダウ博士からのポイント!

行動パターンを知ろう

シロアリが生きるために必要な3要素
シロアリは人間と同様、3つの要素がないと生きていけん。
ということは、この3つのうちの“1つ”でも要素を
取り除いてやれば、シロアリはいなくなるということじゃな。

  >>シロアリから家を守る方法
シロアリから家を守る方法